キレイモ クーリングオフ

KIREIMO -キレイモ-

キレイモのクーリングオフについて

キレイモでもクーリングオフが使えるって知っていましたか?キレイモは事前に行われる無料カウンセリングがとても丁寧で、契約を迫られたりすることは全くないのですが、クーリングオフは知っておくと便利な制度なんです。使える期間は短いですが、もし契約した後に解約したい場合はクーリングオフ制度を知っておくととっても便利。この機会にクーリングオフについて勉強してみてくださいね。

 

クーリングオフは特定商取引で定められた消費者を守るための制度です

クーリングオフは、消費者を守るために作られた制度で、特定商取引法やその他の法律で定められている制度です。脱毛サロンやエステティックサービスにおけるクーリングオフは、特定商取引法で特定継続的役務提供という取引とされており、クーリングオフできる期間が8日間と決められています。

 

クーリングオフ期間は申込み書面かや契約書面のいずれか早い方を受け取った日からカウントされます。また、書面の記載内容に不備があった場合は、この期間を過ぎていてもクーリングオフすることが可能です。

 

クーリングオフできる取引内容も法律で決められています。特定継続的役務提供の中でもエスティックサロンの場合は、期間が1ヶ月を超えるもので金額が5万円を超えるものがクーリングオフ制度の対象になる契約です。この要件を満たさない契約の場合はクーリングオフすることはできません。

 

クーリングオフの手続き方法

クーリングオフは、書面で行うことが法律で定められています。必ず書面で行います。また、期間内に通知する必要があります。送付したことを記録するために、特定記録郵便や簡易書留などを使って送付し、書面のコピーや送付したことを証明するものを必ず一定期間保管しておきましょう。

 

クレジット契約の場合は、カード会社へも同様の通知が必要となっています。

 

クーリングオフを通知する書面の書き方は、国民生活センターや都道府県に設置されている消費生活センターなどで相談ができます。クーリングオフしたいときは早めに相談しましょう。書面の書き方の例は国民生活センターや各地の消費生活センターのHPにも掲載されています。検索して参考にしてみてくださいね。

 

期間内を過ぎるとクーリングオフは不可能になり、解約という手続きでしか契約を解除できなくなります。多くのサロンが解約の場合は解約手数料がかかるようになっているので、期間内にクーリングオフすることが大切です。クーリングオフの場合は手数料もかからず一方的に契約を解除することが可能です。合わせて覚えておいてください。

KIREIMO -キレイモ-